おいしいコーヒーを家で飲みたい!厳選コーヒーメーカー5選

ITエンジニアが作った理知的かつスローな1台

「BLOSSOM ONE BREWER」

マサチューセッツ工科大学卒業、アップルやテスラモーターズなどでエンジニアとして働いていたジェレミー・クエンペルと、カリフォルニア州立工科大学卒業後NASAエイムズ研究センターでエンジニアを務めていたマット・ウォリサー。
このおよそコーヒーとは関係なさそうな経歴の2人が開発したのが「BLOSSOM ONE BREWER」。
01-01-496x720
2015年12月から日本でも販売が開始された気鋭にして唯一無二のドリップ式コーヒーマシンです。0.5度単位という、超精密な温度管理が豆の個性や魅力を引き出します。本体には抽出温度や蒸らし時間などのレシピを登録でき、その設定に従ってアラームが鳴ります。

そしてまさしく理系の精密さとともに、この「BLOSSOM ONE BREWER」の個性となるのが、多分に手作業が盛り込まれた工程。
02-06-720x480
豆の量を調節したり、かき混ぜたり、ある意味ユーザーに手間とこだわりを要求する機械でもあります。さらには価格は98万円(税別)!

手軽ではない。でもこの妥協の無さ、最高にエレガントです。

関連記事→ITエンジニアがコーヒーメーカーを作ったら?「BLOSSOM ONE BREWER」

 

アプリで遠隔操作!家に帰ったら淹れたてが出来てます!

NESPRESSO「Prodigio(プロディジオ)」

オフィスに家庭に、すっかりお馴染みになった感のあるネスプレッソ。新モデルの「Prodigio(プロディジオ)」はBluetooth機能搭載のコーヒーメーカーです。間違えちゃいけないのは、ネスプレッソはただのインスタントではありません。「いつでも同じクオリティでおいしいコーヒーを楽しめる」マシンです。

25835404203_o-429x540

スマートフォンやタブレットに専用アプリを入れておけば、遠隔操作で抽出できるというすごいヤツ。「この仕事が一区切りしたら、エスプレッソを飲むんだ」とスマホをポチッ。席を立って、マシンの前に行くころには抽出ができているというわけです。

タイマー機能もあるので、朝の目覚めに合わせたり、ムダ会議強制終了の合図に使ったりもできそうです。

アプリからはコーヒーカプセルの残数を管理したり、補充品の注文も。さらにメンテナンスが必要な際にはプッシュ通知を送ってくれるので、すべてのフォローをアプリ内で完了できます。

「ネスプレッソ」アプリはApp StoreやGoogle Playにてダウンロード可能。カラーはシルバーとチタンの二種類。価格は2万4840円。

関連記事→淹れたてコーヒー!Bluetoothで遠隔操作できるネスプレッソ

 

(文/&GP編集部)

 

 

トップページヘ

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連するキーワード