たしかにカッコいい!でもカーボン製グリルパンって何がいいの?

カーボンと言えばCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)を思い浮かべますが、これは粉状のカーボンのみを固めた炭素率99.9%の純粋な炭素体です。(瓦や硯(すずり)のような質感)鉄と比較すると熱伝導は約3倍、遠赤外線効果は約5倍、比重は約1/4、さらにIHと好反応と調理器具に適した有能な素材です。

このカーボンを匠の技で一品ずつ削り出した、オールカーボン素材によるグリルパンが登場しました。カーボン素材の特性と可能性を追求した究極のグリルパン。その素晴らしさを紹介します。

【次ページ】ステーキハウスのような本格的なグリル調理を家庭でも味わえます