【スマホ最新情報】ソニーモバイル「Xperia」はウエアラブルになる?

これはロボット?Xperia Agent

ユーザーの日常生活をアシストしてくれる新機軸プロダクト。ユーザーが必要とする情報を音声や内蔵プロジェクターで投影する画像で教えてくれたり、家電をコントロールする機能も備えているそうです。自動で向きを変えるなど、かわいらしい動きもあり、コミュニケーションロボットに近い製品と言ってもよさそうです。

Xperia agent

いずれも、我々の生活を便利に、そして楽しくしてくれそうな“インテリジェント”なプロダクトです。参考出展のコンセププトモデルとはいえ、ソニーモバイルのブースでは、実際に動かすデモンストレーションも披露されました。商品化を期待したいですね。


続いて、Xperia Zシリーズに続く、新しいスマートフォン「Xperia X」シリーズも発表されました。スペックが異なる3モデルがラインナップされますが、このうち「Xperia X Perfomance」は、日本でも今夏に発売されるそうです。

 

23メガのカメラを搭載!Xperia X Performance

「Snapdragon 820」という64ビットのクアッドコアCPUを搭載するハイエンドモデル。2300万画素のカメラを搭載し、被写体の動きを予測してピントを合わせる「先読みオートフォーカス」を搭載しています。バッテリーは約2日持ち、電池そのものの寿命を約2倍に延ばす技術を採用されたとのこと。4色展開で、ブラックとホワイトの背面には美しいヘアライン処理が施されています。

Xperia X Perfomance

Xperia X Perfomance

Xperia X Perfomance

Xperia X Perfomance

Xperia X Perfomance

 

主力モデルになりそうなXperia X

CPUやLTEの対応バージョンは、Xperia X Perfomanceより低いスペックですが、機能は共通。「先読みオートフォーカス」にも対応しています。カラバリも同じ4色ですが、こちらはヘアライン処理ではなく、どの色もシボ加工になっています。海外の多くの国では、このモデルが主力商品として扱われるのではないかと思います。

Xperia X

Xperia X

 

次のページへ

この記事のタイトルとURLをコピーする