通話機能はさすが!Jabraの完全ワイヤレスは通話も音質も高レベル!

■セットアップは初心者でも簡単

最初のセットアップは、専用アプリをダウンロード→アプリの指示に従い、右耳側(R側)のランプが青に点滅するまで長押し→iPhone側でBluetoothで接続→アプリを立ち上げて指示に従いファームウェアアップデート、という流れになります。ファームウェアアップデートにかかった時間は約5分。

▲イヤホン本体を大きくてゴツいイメージだが、実際に持ってみると意外と軽い

セットアップが終わり、本体を充電ケースから取り出せば、自動で電源が入りペアリング。右耳に装着したイヤホンのボタンを押せば音楽の再生が始まります。また、音楽を中断する際はイヤホンを外してケースに入れたら電源がOFFになります(ケースに入れなくても耳から外せば自動的に再生停止。設定で無効にもできます)。

▲右耳に装着するイヤホン。緑に光っている部分がボタンになっており、音楽の再生or停止などを行う

右側(R側)イヤホンのボタンを1回押すと再生&停止。1秒(ピーっと鳴ります)長押しするとSiriが立ち上がります。2回押すと外の音をマイクが取り込んでイヤホンから流せる“Hearthrough(外部音取込)”機能により、誰かとちょっと話をするといった場面で、音楽を停止したり耳から外したりする必要がなくなります。

▲左耳に装着するイヤホン。音量調整やスキップ、巻き戻しを行う

左耳(L側)のイヤホンにはボタンがふたつあり、左のボタンを短く押せばボリューム小に、長押しすると巻き戻しになります。右のボタンを短く押せばボリューム大、長押しすれば曲をスキップできます。これなら、いちいちiPhoneを取り出して操作する必要がありません。

▲装着したところ。本体の大きさが気になったが、装着してみると違和感もなく、正面からみても耳に収まっているのがわかる

稼働時間は、約2時間のフル充電で連続約5時間。ケース内蔵のバッテリーを併用することで最大約15時間の再生が可能です。イヤホン本体は15分間接続なしで自動的に電源がオフになる機能が備わっているので、使い方次第ではより長時間再生もできます。重さは片耳で6.5gと軽量なので、装着した状態で歩いたり、軽く走ったりしても気になりません。

そして、「Jabra Elite 65t」は専用のアプリ「Jabra Sound+」と接続することで、音質の調整ができたり、周囲の雑音を消したりと、楽しみ方がさらに増えます。

■専用アプリ「Jabra Sound+」

「Jabra Sound+」アプリは使い方などをカスタマイズできるJabraイヤホン専用ツール。音声アシスタントの選択、音楽プロファイルのカスタマイズ、周辺ノイズの音量調整(または消去)、バッテリー残量の管理などが行えます。このアプリと連動させることで、「Jabra Elite 65t」は本当の力を発揮するといえます。

■通話機能はさすが Jabra!

▲手を使わずに電話をかけられるので、作業しながらでも通話ができる

Jabraといえば世界で最初にBluetoothヘッドセットを発売し、ビジネス向けワイヤレスヘッドセットにおいて実績のあるメーカーです。業務用およびBluetoothヘッドセットで世界シェアNo.1、各国の主要携帯電話機メーカーはもちろん、各国政府機関、警察、軍隊、空港、港湾関係者らからも絶大な信頼を得ています。

そこで、まずはその音声通話の実力を試してみました。「Jabra Elite 65t」はSiriに対応しているので、相手の連絡先がスマホに登録されていれば、わざわざスマホを取り出さなくてもOK。仕事中や移動中に電話をかけるといった場合でも、「Hey Siri、◯◯さんに電話」と伝えればスムーズに発信できます。気になる音声ですが、さすがヘッドセットメーカー! 通話中は音声が途切れることなく、相手の声は常にクリアな状態で聞こえました。また、アプリの設定次第で、通話中に受信している音声も調整できます。

▲音声の調整は「ベース」「デフォルト」「トレブル」の3種類を選択可能。「デフォルト」は通話で聞こえてくる音声を自動で調整、「ベース」は音声が高い人の低音を強め、「トレブル」は音声が低い人の高音を高める

 

【次ページ】アプリを使って音楽の楽しみ方が増える