素人でもできる“ちょい燻製”で週末のお酒は一層旨くなる!

■スモークチップを入れてスイッチを押すだけ!

▲本体左側にある黒いボタンがスイッチ。なおこれ以外のスイッチなどは一切ない

まずは「フードスモーカー」の特徴から。サイズは高さ約16cm、幅約5cm。このサイズなら自宅だけではなく、キャンプ場にだって持っていけますね。またサイズ以上に嬉しいのが電池式なところ。単3電池2本で可動するので、熱源も不要。持ち運びにも最適な燻製機です。

▲電池は本体の裏から入れる

さらに嬉しいのが、燻製初心者におすすめのチップが3種類(「サクラ」「リンゴ」「ヒッコリー(オニグルミ)」が付いていること。別途で買う必要がないので、すぐに燻製を始められます。

▲最初からスモークチップが付いているのはありがたい

■さっそくフードスモーカーを使って燻製にチャレンジ!

使い方もとても簡単。まずは燻製にしたい食材を密閉されたボウルやフリーザーバッグに入れます。そこに「フードスモーカー」のチューブをいれてセットは完了。あとは、スモークチップを選び、本体上部に入れ、スイッチを押すだけ。チップに着火し、食材の入れた容器内に煙を充満させるだけで、食材に薫香が付きます。

▼うずらの卵を燻製に

手順1:食材をボウルに入れる

手順2:「フードスモーカー」上部にチップをいれ、チューブをボウルに入れる

▲入れる量はひとつまみ分。付属のスモークチップだけでも何回でも燻製が可能だ

手順3:空気が漏れないように密閉してから、スイッチを入れる。チップ着火して燻製開始!

▲煙がでるので、換気ができるところ近くでやるのがベスト

手順4:煙が充満したらチューブを抜いて、ボウルを密閉

▲煙で中が見えなくなるまで続ける

手順5:卵に薫香がつくまで、10~15分ほど待機

▲煙が充満したら、完全に密閉

完成!

写真ではわかりにくいかもしれませんが、表面は、うっすら黄味がかった感じですね。食べてみると白身の部分にしっかり燻製の風味が感じられました。

次のページへ

この記事のタイトルとURLをコピーする