公園でも仕事が出来る!AC出力対応モバイルバッテリーを探していたらとてもカッコいいモデルを見つけました

<&GP編集部員が買ってみた!使ってみた!>

Webの仕事をしていると、外で作業をする機会が増えてきましたね。そうなったときに、どこで仕事をするのか。まず最優先すべきなのは、電源の確保。近年、PCやスマートフォンの充電用にコンセントを設置している飲食店は増えていますが、どうしても見つからなかったり、席が全部埋まっていて使えないという場合もあります。なくても、PCを充電できるモバイルバッテリーがあればいいのですが、仕事で使っているMacBook Airはそれができず。

2014年に購入したモデルの充電方式は、今流行りのType-Cではなく、「45W MagSafe(マグセーフ) 電源アダプタ」。早い話しが、コンセントがないと充電出来ないタイプなんです。

▲「45W MagSafe(マグセーフ) 電源アダプタ」。MacBook Airの2015年モデルまで採用されていた充電方法。社内でも使っている人をあまり見かけない

周りから「いい加減MacBookを買い換えたら?」と言われているのですが、愛着があるし、仕事をする上で困ったことはなく…。ですが、充電が切れて仕事が出来なくってしまったらそれは一大事。

そんな問題を解決しようと、AC搭載のモバイルバッテリーを探していたわけですが、どれも無骨でザ・ガジェットという感じ。なにかが違う! もっと、カッコいいモデルはないのか!っと探していたときに見つけたOmarsの大容量モバイルバッテリー。

(個人的には)持ち運べる大きさなうえ、とにかくスタイリッシュでオシャレ。

こんなモバイルバッテリーを探していたんですよ!

【次ページ】26800mAhが1万円ちょい!?

この記事のタイトルとURLをコピーする