リモートワークを快適にするのは?ノートPCスタンドをいろいろ使ってみた!

■PCに貼り付けられるから、無くす心配もなし!

MOFT
「MOFTノートパソコンスタンド」 (2980円)
高さ調整:2段階で可能 サイズ:22.4×17×3mm 重さ:約89g

早くに導入したのが貼付けタイプのPCスタンド「MOFT」。極薄の板をパッと開けば一瞬で2段階調節が可能なスタンドになり、さらにノートパソコンの背面に貼り付けたまま持ち運びができるというスタンドです。磁石が内蔵されているのでピタッと平らに固定されます。

角度は、「高さ8cm/傾斜25度」と「高さ5cm/傾斜15度」の2段階で傾斜をつけられます。貼付けタイプとはいっても、取り外し可能な接着剤が使われているので、いつでも取り外し可能です。

▲「高さ5cm/傾斜15度」手首を載せてキーボードを強めに打ち込んでみましたが、ブレることはありません。画面だけでなく、キーボードの距離も近づいているため、タイピングがしやすくなっています

▲「高さ8cm/傾斜25度」机と椅子の高さにもよりますが、背筋をピンとした状態でタイピングできるのがこの高さでした

使用感としては、傾斜を使っても安定感はあります。ただし、接地面が不安定な場所(膝の上や布団の上)では安定せず、タイピング中にパタンと閉じてしまうことも。ただし、リフトアップせずにキーボードに手首を置くと、手前部分がガタついてしまいました。常にリフトアップして利用するのであれば問題ないのですが、場所によって平置きで利用したい場面もあるので、そのときはちょっと気になります。

 

■MacBookと相性バツグン。携帯性にも優れた超小型スタンド

JOBSON
「JOBSON ノートパソコン スタンド」(2480円)
高さ調整:不可 サイズ:4×2cm 重さ:約89g

本当にPCスタンド?と思われても不思議ではないスタンドです。使用するときは本体を分離して、PCの下に置くだけ。傾斜角度15度で、今回仕様したものの中では一番傾斜が少ないものになります。滑り止めのラバーには凹みがあり、PCを置いて長時間タイピングをしていても、ずり落ちるということはありません。

重さも約90gと軽く、持ち歩くのにも最適なサイズです。「MOFT」のように貼り付けることはできませんが、PCの外観は損ないたくない、という人にはピッタリのスタンドだと思います。

▲シルバー×ブラックってMacBookと相性は最高

個人的にはMacBookと見た目で一番相性がいいのではと思うスタンドです。シルバー×ブラックのラバーって、まさにMacBookの裏側と同じ! MacBookの美しいボディーに合わせるにはピッタリ!

使ってみた感想として、実は今回個人的に良かったのが、この「JOBSON」。しっくりくる高さで長時間原稿を書いていても肩・首には負担も感じませんでした。ただし、高さ調整ができないので、「仕事のときはこの角度」「動画を見るときはこの角度」など、用途によって角度・高さをいろいろと調整したい人には、物足りないと感じるかと思います。

【次ページ】ベッドの上でも快適PCライフ

この記事のタイトルとURLをコピーする