焚き火の時に使いたいチェア4つを座り比べてみた【&GP編集部クロスレビュー】

焚き火をするとき、みなさんはどんなチェアを使っているでしょうか。

今のキャンプはロースタイルがスタンダードで、座面高が40〜45cmのチェアが多いようです。脚を投げ出せばリラックスできるし、背を起こせば食事にもちょうどいい絶妙な高さなんですが、焚き火時間ではもっとゆるゆる過ごしたいと思いませんか?

編集部でスタイルの異なるローチェアを集めて、理想の焚き火チェアを探してみました。

用意したのは4脚。

▲(左から)ヘリノックス「グラウンドチェア」、コールマン「ファイアーサイドフォールディングチェア」、ロゴス「Tradcanvas 難燃BRICK・キングあぐらチェア」、DOD「TAKIBI CHAIR」

初登場から20年を超えるロングセラー焚き火台、ユニフレームの「ファイアグリル」を囲みつつ、それぞれ座ってみてリラックス。ファイアグリルの全高は33cmですから、焚き火チェアはどれも火床と座面がほぼ同じ22〜30cmのチェアです。

▲&GP編集部、みんなで気をつけ!

ちなみにそれぞれ身長はだいたい165〜175cmです。

【次ページ】高さも座るスタイルもいろいろ

この記事のタイトルとURLをコピーする