未来感満載のレーザー投影式キーボードを1週間使って分かったその実力

<&GP編集部員が買ってみた!使ってみた!>

Webの仕事をしていると、オン・オフ問わず、出かける時には常にノートPCを持ち歩いています。ただ、PCを持たず、携帯用キーボードとスマホもしくはタブレットを使い、出先でちょっと仕事をする、というスタイルにも少し憧れが。なんだか「できるビジネスマン」っぽくてかっこいいですよね。そんな大人のスタイルに挑戦しようと、持ち運べるキーボードを探しているのですが、今は無線タイプや折り畳み式など、持ち運びに便利なさまざまなバリエーションが出ているので、どれを選ぶか悩みますね。

果たして今の自分に本当に必要かどうかはわかりませんが、何か使ってみたい!と思って手にしたのが、最近&GPでも紹介したレーザー投影式キーボード「Serafim Keybo(セラフィムキーボー)」(1万3900円)。早速、このSF感満載のキーボードを1週間ほど使ってみました。果たしてその実力とは…。

【次ページ】机がキーボードに!

この記事のタイトルとURLをコピーする