指先ポッカポカの電熱グローブで、寒い朝でもサイクリングに行けちゃいました!

【&GP編集部員が買ってみた!使ってみた!】

12月も中旬に入ると一気に寒くなりましたね。朝なんて布団から出るのも億劫になる程。でも、そんな寒い中でも日課(と呼べるかわりませんが…)にしていることがあります。先日別の記事でも書きましたが、10月にロードバイクを購入して以降毎日、ではないのですが朝晩は気ままにサイクリングを楽しんでいます。

【関連記事】ロードバイク初心者が安全なサイクリングを楽しむためにウインカーを使おうと思った話 

ただ、やはり気温も低く、一日の中でも特に冷える時間ということもあり、体も手も冷たいのなんの。今の時期、朝の早い時間だと気温は1~2℃。さすがに手が冷たい状態だと、ギアチェンジやブレーキといった一瞬の判断が要する時には影響が出てしまいます。一応手袋はしていますが、すぐに指が暖まるというわけではなく…。

「わざわざ寒い朝に乗ることないだろ。早起きなんかせず、暖かい布団でヌクヌク寝ようぜ! ロードバイクに乗るのは昼間だけでもいいだろ」

なんて悪魔の囁きも聞こえてくるのですが、せっかく続けてきたことだし、今辞めてしまうのはもったいない。対策さえちゃんとすれば、朝のクルマが少ない時間のサイクリングは楽しいんだから!

そんな感じで防寒用の手袋をいろいろ探して見つけたのが、電熱式の「めちゃヒート 充電式 ヒーターグローブ」(9980円)。その名のとおり、小型のバッテリーを搭載したグローブで、電源を入れたらわずか数分で指先がホッカホカになるという手袋です。

冬のサイクリングにはもちろん、これからの季節なら初詣や初日の出を見に行くの時にも頼りになりそうなグローブです。

【次ページ】フィット感もよし!

この記事のタイトルとURLをコピーする