素人がガンプラに初挑戦!超巨大「シャアザク」にLEDライトを仕込んでみた!

ガンプラ40周年で湧いた2020年。さまざまなところで、ガンプラ関係の記事を見かけました。&GPでもいろいろ紹介してきましたが、ふと我に返ると、「そういえば、今までちゃんとガンプラって作ったことあるかな?」と。

記憶を辿ると、小学生の頃に一度作った記憶があるが、それ以降はない。&GPのホビー担当としてはいかがなものか。幸いにもまだこのことは上司には知られていないし、せっかく"イエナカ時間”が増えたことだから、自分でも作ってみるかと奮起。それに、ただ作っただけではなく、ちょっとアレンジしたモノを作ってみたら、(なんちゃって)実績になるじゃないか! そんなわけでいざお店へ。ズラリと並ぶガンプラをみて、どれを作るか迷っていたら、展示されているモデルで一際存在感を放つモデルがあった。「シャアザク」だ。

おそらく、プロが作ったのであろう。ウェザリングもデカールの貼り方も、雑誌やWebサイトで見るようなものばかり。そして何より気に入ったのが、モノアイ(目玉)が光っていること。おそらくLEDライトを仕込んでいるんだろう。

「これ、自分でも作れるのかな?」

いやいや、全長20cm前後のモデルにLEDライトを仕込むなんて、相当技術がないとできないでしょ! でも、デカいモデルならもしかしたら、埋め込みとかもすんなりできるんじゃない?

とにかくデカい「シャアザク」を探していたところついに見つけました! 「MEGA SIZE MODEL 機動戦士ガンダム MS-06S シャア・アズナブル専用ザクII 1/48スケール」だ。全長はなんと40cm近く。多分だけど、こんなにでかいガンプラはおそらく見たことはない。

これなら自分でもモノアイが光るシャアザクが作れる(かも)! そして、「僕、ガンプラにLED入れたモデルを作ったことありますよ〜」と編集部内でドヤれる! ってことで、ガンプラ未経験者が無謀にも光るシャアザク作りに挑戦してみました。

【次ページ】巨大なガンプラはいがいと作りやすかった!

この記事のタイトルとURLをコピーする