なにこれ日本車?軽自動車の国が作った超個性派モデル6選

道路運送車両法において規格(ボディサイズとエンジン排気量、定員、貨物積載量)が決められ、その代わりに税制面などで優遇されている軽自動車。現在は限られたサイズの中でパッケージングを工夫し、小型車に引けを取らない(それどころか小型車以上と言っても過言ではない)室内空間を実現したものが売れ筋です。

一方でこれまでの軽自動車の歴史を振り返ると、限られたスペースに遊び心をとことん盛り込んだモデルもいくつかありました。今回はそんな、「こんなコンセプトのクルマ、思いつかない」と感じる軽自動車をピックアップ!

【次ページ】なんと日本メーカーもバギーカーを作っていた!

関連するキーワード