今さらですが、「今治タオル」ってなんですか。

いまや「今治タオル」は高品質タオルの代名詞、といってもいい。日本人の約70%が「今治タオル」の存在を認知しているデータもあるという。しかし、たとえば10年前、15年前、「今治タオル」の存在を知っていただろうか。「聞くタイミングを逸してしまったけど、そもそも今治タオルって?」「愛媛県今治市で作られたタオルはみんな今治タオルってこと?」と思っている人も多いのでは? かくいう筆者もそのひとりだったりする。

そんな時、来年、創業100周年を迎える、現在、タオルの国内生産売上高ナンバーワンを誇る愛媛県今治市の「藤高」が2018年6月に銀座に初出店。「FUJITAKA TOWEL GINZA」をオープンしたという情報を耳にした。「今治タオルとはなんぞや」というシンプルな疑問を解決すべく、銀座に足を運んでみた。

 

【次ページ】“5秒ルール”など明確な基準を設ける