昭和のクルマは平成のうちに!買うなら急ぐべき80年代の名車5選

2019年4月30日。平成が最後の日となり、5月1日から新しい元号になります。「今年は平成最後の夏だ! 思い切り楽しもうぜ!」と大はしゃぎした人はきっと来年も「最初の夏だ! 思い切り楽しもうぜ!」とはしゃいでいると思うので何の心配もありません。一方で「平成最後かあ……」と感傷的になった人もいるのではないでしょうか。

その昔、明治生まれの人はものすごいおじいちゃん&おばあちゃんに感じましたが、今度は昭和生まれがその位置に立つわけです。新元号生まれが成人する頃、昭和生まれはみな30歳以上。昭和50年生まれとなると、60歳を余裕で超えてますからね。感傷的な気分にもなります。

実は同じようなことがクルマにも言えるのです。現在、1980年代に生まれたクルマたちが注目を集めていますが、そのほとんどは昭和後期製(昭和から平成に変わったのが1989年)。たとえ自分が子どもの頃だったとしても、新車当時を知っているクルマって、今でもあまり昔っぽく感じなかったりするものですが、もう30年前後経っているんです。

きっと新元号に変わったら一気に「ずいぶん昔のクルマだ」と気づくでしょう。そして流通台数が激減している。それにともない相場がかなり上昇していることを知り驚愕するかもしれません。

間に合わなくなる前に、と慌ててその頃のクルマに飛びつく人が増えるかも? 「若い頃に憧れたクルマにいつか乗りたい」と思っているなら、新元号に変わって驚く前に、少しでも早く手に入れたほうがいいでしょう。今ならまだ手に入る、昭和のクルマを紹介します!

【次ページ】流通台数は年々減少