欲しいのは高性能カメラ?爆裂スペック?注目の最先端スマホ5選【2018年まとめ⑫】

<[特集]2018年を振り返る【スマホ編】>

今年もたくさんの新機種が発売されたスマートフォン。されど「今年は機種変更を見送った」という人も少なくないのでは? スマホの高性能化が一段落して、買い替えサイクルが長くなりつつあることに加えて、政府主導で「日本の携帯電話料金は高すぎるのでは?」という議論が展開され、2019年に大手キャリアの携帯電話の利用料が値下げされることも期待されています。

一方、それでも新しい機種を使いたいという人に向けたハイエンドモデルは続々とリリースされ、市場価格が10万円を超えるモデルも珍しくなくなってきました。利用料と端末代金とを分離するプランが主流になりつつあり、2019年は “利用料は安いが、端末代は高い” という傾向がより顕著になっていきそうです。

ここでは、2018年にヘビーユーザー層に注目を集めて、2019年にさらにブレイクしそうな機能や仕様を備えたモデルを紹介します。

【次ページ】新ジャンルを開拓したモデルも登場