「グレンストック」店主が語る国産革靴の実力と魅力【CRAFTSMANSHIP】

【特集】CRAFTSMANSHIP

日本で古くは装束で身に着ける履物を「沓」。同じく革製を「履」と表記した。明治維新の文明開化、革製西洋靴が入ってくると「靴」となった。まだ歴史の浅い国産革靴だが、今や本家に負けない実力者。その魅力を探ってみよう。

【次ページ】日本製の靴は職人の規律のある仕事によって成り立っている

関連するキーワード