飛行機内でスマホとBluetooth機器を正しくつなぐ方法と注意点

飛行機に乗ったら「電波を発する電子機器のご利用はお控えください」といったアナウンスがされますよね。これは、2007年9月に施行された「航空機の運航の安全に支障を及ぼすおそれのある電子機器等を定める告示」(>> 国土交通省 「航空機の運航の安全に支障を及ぼすおそれのある電子機器等を定める告示」の施行について)によるものです。

要するに飛行機内では電波を発する機器は使ってはいけないという内容です。だからこそスマホには「機内モード(フライトモード等)」が用意されていて、これをオンにすると、4G回線からWi-Fi、Bluetoothまで電波を発する機能がすべて使えなくなってしまいます。

でもちょっと待って。最近は国内線で機内Wi-Fiを謳ったサービスも出てきているような…。

>> JAL「国内線機内Wi-Fi」

>> ANA「ANA Wi-Fi Service」

これって機内でもWi-Fiを使ってネットにつなげられるってことですよね。ということは、スマホやタブレット、ノートPCのWi-Fiをオンにする必要があるわけで…。いったいどっちなんでしょうか。

【次ページ】携帯回線につながっていなければ使用可に