航空写真家ルーク・オザワに聞く フルサイズミラーレス一眼「EOS R」の利点と撮り方のコツ

近年、鉄道写真や風景写真とならんで注目を集める"ヒコーキ写真"。機窓から見える富士山や空港の展望デッキから見える景色を気軽に撮って楽しんでいるという方も増えているのではないでしょうか。

しかし、趣味として取り組むならスマホではなく、デジタル一眼でしっかり残したいもの。そこで航空写真家のルーク・オザワさんに、"美しい""カッコいい"という瞬間を切り取るコツを聞きました。

これまで、機窓写真や情景的ヒコーキ写真について教えてもらいましたが、今回はルークさんが愛用するフルサイズミラーレス一眼ならではのメリットと一歩踏み込んだ使い方について紹介します。

●ルーク・オザワ
1959年2月生まれ。東京都出身。風景とヒコーキをシンクロさせた、情景的ヒコーキ写真の第一人者。ANAをはじめ、数多くのカレンダーを手がけるほか、テレビやラジオ、セミナーなどで活躍。写真集『JETLINER』シリーズ(イカロス出版刊)ほか、『ルーク・オザワのヒコーキ写真の撮り方』(誠文堂新光社刊)など、著書多数。

【次ページ】ミラーレス一眼のメリットは?