小気味よい走りのホットモデル、ルノー「トゥインゴ GT」が上陸!

RR(リアエンジン/リアドライブ)の駆動方式を採用。その特性を活かした4.3mの最小回転半径をはじめ、キビキビと小回りの効く走りが人気のルノー「トゥインゴ」。

そんな注目モデルに、F1などを手掛けるルノーのモータースポーツ部門“ルノー・スポール”が手を加えた、5速MTのスポーティ仕様「トゥインゴ GT」が追加されました。

【次ページ】トゥインゴ GTはレースの遺伝子を受け継ぐ特別モデル