アジア1位&世界4位のスマホメーカー「OPPO」がいよいよ日本上陸!

アジアで1位、世界4位のスマホメーカー「OPPO」が日本市場に参入することを発表しました。

▲デュアルカメラを搭載した「R11s」を日本で発売することを発表

OPPOは中国の電機メーカーで、スマホ市場に参入したのは2011年。カメラ性能に力を入れていることに定評があり、自らの製品を「カメラフォン」と名乗るほど。とりわけ、2016年〜2017年にリリースした「R9s」「R11」は高画素フロントカメラを搭載し、若い世代に人気を集めました。

 

【次ページ】日本発売第1弾は「R11s」

関連するキーワード