イヤホンはどこまで進化する?アトランタ発の超絶カスタムイヤモニが上陸

近年、ミュージシャンのライブ映像や音楽番組で演奏しているシーンで見かける、耳を塞ぐような大きなイヤホン。そのほとんどは、それぞれの耳のカタチに合わせてイヤーチップを作ったカスタムIEM(in Ear Moniter)になります。個人の耳型に合わせて作ってあるだけあり、フィット感は当然バッチリ。そして耳の穴を覆ってしまう程に大きなハウジングには、ドライバが内蔵されています。

大きいということは、それだけたくさんのドライバを搭載できるということなんですが、実は昨年、片側で14個ものBA(バランスド・アーマチュア)型ドライバを搭載したモデルが発売されました。その凄まじいIEMを作ったのが、米アトランタのオーディオブランド、EMPIRE EARS(エンパイアイヤーズ)です。さすがやることがアメリカ!なわけですが、そんなエンパイアイヤーズからカスタムIEMの新シリーズがふたつ登場しました。今度は、著名アーティストやエンジニアとの共同開発。やっぱりアメリカンブランド、やることがハデです!

【次ページ】スペックだけ見ても凄まじいモデルだらけ