真空低温調理器で究極のローストビーフを自作しよう

最近よく耳にする「低温調理」。焼く、煮る、蒸すに次ぐ第4の調理法として、注目を集めています。このブームはバーベキュー文化の根付くアメリカで火が付いたもので、塊肉を手軽においしく仕上げられることが人気の理由です。

この1~2年で日本でもさまざまなメーカーの低温調理器が買えるようになりましたが、貝印の「KaiHouse aio The Sousvide Machine(アイオ・ザ・スービッドマシーン)低温調理器」はこれまでの低温調理器とは一線を画する存在。一体何がこれまでの低温調理器と違うのでしょうか?

【次ページ】パサつきの原因は「タンパク質」にあり