削ぎ落とされたミニマルフェイスが世界観を表現する腕時計

漆黒の文字盤にたったひとつ、真昼の太陽、あるいは満月の月のように浮かぶドットマーク。極限まで削ぎ落としたミニマルなデザインに静謐な世界観をのぞかせるのは、1881年創業の時計ブランド「MOVADO(モバード)」から到着した新作モデル。ともにブランドのアイコニックなデザインを採用しつつ、ストラップに対照的な異素材を採用することで全く異なる雰囲気を醸し出す「Museum Classic(ミュージアム クラシック)」(7万5000円〜9万5000円/税別)2モデルです。

【次ページ】ミュージアムウォッチに酔いしれる

関連するキーワード