精密機械を操る喜びを!一眼にはない「LUMIX DC-LX100M2」の魅力とは

撮るモノが決まっている場合、強い味方となるのは一眼レフやミラーレス一眼といったレンズ交換式のカメラです。被写体までの距離や撮りたいアングルに合わせてレンズを選び、狙った画を収める。まさにカメラが活躍するシーンです。

では、ふとした瞬間を収める時はどうしますか? スマホを使ってしまいますよね。その時、一眼カメラを持っているとはかぎらないですし。でもスマホのカメラには限界があります。“記録”にはいいかもしれませんが、もっと自分が感じた“瞬間”をうまく写真に表現するにはやはりカメラです。

美味しい料理の美味しさを表現したい時、ふと感じた街の空気感を表現したい時、カメラならきっと自分が感じたままに、時にはそれ以上のものを写真にして残してくれます。もちろん常に持っていなければいけないので、コンパクトさは重要。常にカバンに入れておいてもジャマにならないサイズで、さらに表現力を持ち合わせるスペック。それらを満たしてくれる選択肢はというと、やはり高級コンデジです。パナソニックから10月18日に発売される「LUMIX DC-LX100M2」(市場想定価格:11万5000円前後/税別)なら、きっと予想を超える写真を残してくれますよ。

【次ページ】高い基本性能に最新デジタル技術が融合