往年のシブすぎる名車が新鮮!「Timeless Car Design」展

10月30日から11月8日まで開催中の東京モーターショー2015。最新のクルマや未来のクルマに触れられる、クルマ好きにはたまらないイベントだ。一方で、確かに未来のクルマも魅力的だが、かつて乗った、または少年時代に憧れたクルマがあるという人も少なくないだろう。

古いクルマの中には、いわゆる名車と呼ばれるものがいくつも存在する。画期的なエンジン、パッケージ、そしてデザインで時代を彩ってきたそれらは、今見ても新鮮かつその魅力が色褪せることはない。

さらに言えば、スーパーカーと呼ばれスポットライトを浴びる名車以外にも、経済性やパッケージングなど、日本メーカーならではの創意工夫が随所み見られる名車も存在する。

期間は短いが、そんな創意工夫に満ちた日本の名車をテーマにした展示が東京六本木、ル・ガラージュで開催中だ。期間は10月28日から11月8日まで。

■初代シビックやスバル360、117クーペなどツウ好みの7台を紹介
続きを読む