男の憧れ「ランボルギーニ・カウンタック」がアクション満載のトミカになって登場

1974年から1990年にかけて製造され、現在もスーパーカーを代表する自動車として高い人気を誇っている“ランボルギーニ・カウンタック”。特徴的なフォルムと代名詞ともいえるシザードア、約300km/hの最高速度、市場での中古価格が1500万円以上などなど、アラフィフ世代にとっては今も昔も変わらない“憧れのスーパーカー”です。

タカラトミーから11月17日より発売される「トミカプレミアムRS Lamborghini Countach LP500S」(3500円/税別)は、大人が本気で遊べるトミカをコンセプトに作られたダイキャスト製ミニカーです。

【次ページ】スーパーカーブーム絶頂期!憧れのモデルが1/43スケールに