イヤホンの新たなトレンドは「耳の後ろで聴く」になる?

外部からの音を完全遮断しないため、歩行中も安心して使える骨伝導イヤホンに、新たなトレンドが登場。もしかしたらイヤホンは“耳の後ろ”で聴くのが主流になるかも?

GREEN FUNDINGで支援受付中の「earsopen(イヤーズオープン) WR-5A HK-1002」(9800円〜 10月13日現在)は、世界で初めてイヤーフック型を採用した骨伝導イヤホン。耳の後ろに骨伝導デバイスを配置したことで、より安全に、より立体的な音を体験できる新感覚のサウンドデバイスです。

【次ページ】耳の裏から全身に音が聞こえる新感覚!?