こんなに小さいのに超望遠!コンデジ持つなら一芸モデルがオススメです

今やコンデジにもフルサイズセンサーが搭載される時代。でも、どれほど写りがよくて高性能なカメラでも、高価で重くて持ち歩きづらかったり、焦点距離が短くて撮りたい被写体をとらえきれなかったりしたら意味がないですよね。コンデジはまず第一に気軽に持ち歩けて、シャッターチャンスを逃さないことが大事。

11月9日にソニーから発売される新モデル「サイバーショット DSC-HX99」(店頭予想価格:6万円前後/税別)と「サイバーショット DSC-WX800」(店頭予想価格:5万円前後/税別)は、世界最小ボディに24-720mmの高倍率ズームレンズを搭載し、一台で広角から超望遠までをカバーするコンパクトデジカメ。手の平サイズの小さなボディなら、カバン、いやいやポケットに入れて、旅先でも日常使いでも軽快に撮影を楽しめますよ!

【次ページ】小さなボディで驚きのズーム域

関連するキーワード