迫力、存在感、彩色どれも一級品!運慶作「毘沙門天立像」フィギュアはアートだ!

3月26日から6月2まで東京国立博物館で開催中の「東寺展」。仏教美術はいまや現代人の身近なアートという位置を確立した感があります。

そんななか、昨今はスタンダードな如来像・菩薩像よりも、脇役的なキャラクターだった天部の仏像にも注目が集まっています。中でも人気なのは、毘沙門天(びしゃもんてん)。

そこで、仏像フィギュアブランドのイスムから、フィギュアの概念を覆す「毘沙門天像」が発売になりました! なんとイスム史上最大の総高59センチという超ビッグな立像です!

【次ページ】「フィギュア」「レプリカ」という概念を超越した存在感

関連するキーワード