AVIOTから“ハイブリッド・トリプルドライバー”完全ワイヤレス「TE-BD21d」が登場!

完全ワイヤレスイヤホンの高音質化の流れが止まりません! 日本のイヤホンブランドAVIOTから“ハイブリッド・トリプルドライバー”の超豪華構成ハイエンドモデルが登場します!

ワイヤレスイヤホン型の「WE-BD21d」、そして同じく“ハイブリッド・トリプルドライバー”のまま完全ワイヤレスの「TE-BD21f」、そしてAVIOTのイヤホン愛好家でもあるロックバンド、凛として時雨のドラムスであるピエール中野氏とのコラボモデル「TE-BD21f-pnk」と3モデルが発売となります。

ワイヤレスイヤホン型の「WE-BD21d」は6月8日(土)に1万3000円(税別)で発売されました。そして完全ワイヤレス型の「TE-BD21f」は7月下旬発売予定で1万7500円(税別)です。さらにピエール中野氏コラボ「TE-BD21f-pnk」はオープン価格で7月下旬の発売予定です。

【次ページ】「TE-BD21f-pnk」の日本語音声ガイドはあの人!