ルンバの血統を継ぐ、カメラ付き床拭きロボ「ブラーバ ジェットm6」 #家電最前線

【#家電最前線】

企業戦略から機能性・デザイン性に最新テクノロジーなど、日々革新を続ける白物家電業界から届く新製品を、記者独自の目線によるレポートで紹介。新たなライフスタイルやビジネス視点のヒントを探っていきます。

アイロボットジャパンは2019年7月23日、“ルンバDNA”を継承する新型拭き掃除ロボット「ブラーバ ジェットm6」を発表した。7月26日発売で、直販価格は6万9880円(税抜き)。

▲アイロボットジャパンが2019年7月26日に発売する拭き掃除ロボット「ブラーバ ジェットm6」(写真右)と、2019年2月に発売したロボット掃除機のフラッグシップモデル「ルンバ i7」シリーズ(写真左)

ブラーバシリーズは、NorthStarキューブを利用したナビゲーションシステムを搭載する「ブラーバ 390j」(同3万9880円)、水を噴射しながら掃除するスマートフォン連携機能搭載の「ブラーバ ジェット250」(同2万9880円)の2モデルをラインアップしているが、新型「ブラーバ ジェットm6」はフラッグシップモデルという位置付けになる。

2019年6月に発売したばかりのブラーバ 390j、ブラーバジェット 250に比べてかなり割高感があるが、その中身は別物といっても過言ではないほど進化した。従来モデルはブラーバシリーズの開発元である米Evolution Logistics(米アイロボットが2012年に買収)のDNAが色濃かったのに対し、「ブラーバ ジェットm6」はアイロボットが10年以上培ってきた“ルンバDNA”を惜しみなく投入したモデルと言える。

【次ページ】成長を続けるロボット掃除機市場でのアイロボット社の存在感