“宇宙”が密かなブームです。連休はスマホで天体観測!

天体望遠鏡「RX124」

2014年5月、H-2Aロケットで「だいち2号」の打ち上げ模様が種子島宇宙センターから生中継された。その勇姿に、うっかり今からでも宇宙飛行士を目指そう!なんて考えた人もいるのでは? そんな大人の好奇心をくすぐるアイテムが、スマホで使える天体望遠鏡「RX124」だ。

「RX124」は、手軽に使える卓上タイプの望遠鏡。専用ケースにスマホをセットして、「星どこナビ」アプリを起動させれば、観たい天体を簡単にナビゲーションしてくれる。 焦点距離300mm、対物レンズ76mm、適性倍率76倍というスペックは、もちろん本格的な望遠鏡には及ばない子ども向けの教材だが、初めて使う子どもはもちろん、大人を宇宙の世界へ誘ってくれるには十分なアイテムだ。

重さは片手で運べる2.8キロで、自宅、庭、ベランダ、旅行先にも気軽に携帯できる。 組立不要、三脚不要なのでセッティングもラクラク。未使用時にはインテリアとして部屋のアクセントにしても良し。この夏、星の世界を旅してみますか!

レイメイ藤井
天体望遠鏡 RX124
梱包重量:2.8kg
包装サイズ:W240×H238×D393mm
参考価格:1万2000円

(文/&GP編集部)