まだ行ってない?今年オープン東京注目レストラン5選

連休は終わりでも、夜や週末に楽しめる場所、まだまだあります。とくに今年は東京に注目のフード関連ショップが続々登場。話題づくりはもちろん、いつもの食事が楽しくなること間違いなしのお店を『&GP』で紹介した中から5つピックアップ! ぜひとも食べたいメニューが目白押しです。

 

創業124年、浜松のうなぎ専門店で“国産うなぎ”

 

yaki-720x480
うなぎの不毛の地である東京のウエストサイド・白金台に、2016年3月、明治25年創業の浜松の人気うなぎ専門店「うなぎ 藤田」の新店がオープン。親子三代、およそ124年にもわたる名店の味が都内で食べられる。同店では、浜松の清冽な井戸水(深さ115m)を使用し、えさを与えず約1週間泳がせる“活かし込み”をした、浜名湖産を中心とした国内産のうなぎのみを使用。「うな重」は、関東風に背開きしたうなぎを素焼き・深蒸し上げのあと、50年以上も継ぎ足して使い続けられている秘伝のタレをくぐらせながら、備長炭の火床近くで短時間で焼きを3回繰り返す。弾力のある身質にふんわりと空気を含んだような触感がなんとも贅沢だ。
【浜松「うなぎ 藤田」白金台店】
東京都港区白金台4-19-21
白金IGAXビル3階
昼11:30~14:00、夜17:00~21:00 月曜休
03-6432-5636

【関連記事】美味しいうなぎが食べたい!浜松の名店「うなぎ 藤田」

立ち飲みブーム名物店の新店「三六・別邸」の“もつ焼”

 

6546c8fcebf2e9156bdfb77004dd9804-720x480

赤坂の立ち飲みブームの火付け役にもなった名物店「三六(みろく)」。2008年のオープン以来、わずか10坪の小型店(1号店)ながら年間3万人もの客が訪れるこの人気店のほど近くに、まったく趣の異なる新店「三六・別邸」がオープンした。

築49年の一軒家を改装した趣のある店舗でまずいただきたいのは、「三六」の看板メニューであるもつ焼き。丁寧に備長炭で焼き上げた鮮度バツグンのもつは、実に香ばしくジューシー。名物の「どて煮込み」や「ればカツ」「れば唐揚げ」「もつ刺し」など本店の人気メニューもこちらでいただける。さらに「別邸」オリジナルメニューも見逃せない。

【三六・別邸】
東京都港区赤坂3-7-9
昼:月~金 11:30~13:00(L.O.13:30)、夜:月~土・祝 17:00~23:30(L.O.22:45)
03-6441-3690

【関連記事】都心の隠れ家!人気もつ料理専門店「三六」“別邸”に行ってきた

人気デリカフェ「FRANZÈ & EVANS LONDON」の“ランチセット”

 

フランツ エヴァン
料理は口だけでなく目でも楽しみたい、というアート志向の高いあなたには、2016年1月に日本初上陸したロンドンの人気デリカフェ「FRANZÈ& EVANS LONDON」をオススメ。イタリア料理や地中海料理をベースにしたヘルシーなモダンブリティッシュという新たなジャンルのレストランだ。すべて毎日店内で手作り。デリミールは単品550円~、スイーツ類は単品600円~、それぞれ約13種類ほど。
ランチセットメニューは11:30~16:30で、〈A〉デリ3種+本日のスープ+ドリンク 1380円、〈B〉ホットディッシュ1種+デリ2種+本日のスープ+ドリンク 1580円。
ロンドン・イーストエリアの“今”を体感できるカフェだ。

【FRANZÈ & EVANS LONDON 表参道店】
東京都渋谷区神宮前4-9-4 1F
03-5413-3926
月~金 9:00~21:00(L.O.20:30)
土 10:00~21:00(L.O.20:30)
日・祝 10:00~20:00(L.O.19:30)

【関連記事】ロンドンの人気デリカフェ「FRANZÉ & EVANS LONDON」日本初上陸!

「No.4」で“パン”? それとも“ピッツァ”?

No.4_pizza

パン好きならぜひ行きたいのが、千代田区・日テレ通りにオープンした「No.4(ナンバーフォー)」。倉庫街のコンテナを思わせるような店舗には、「からだにやさしい」をテーマに、産地にこだわった小麦やコーヒーフラワーなどの粉のほか、自家製天然酵母、きび砂糖、グレープシードオイル、発酵バターなど厳選食材で作られた約40種の焼きたてのパンやスイーツがずらりと並ぶ。中でもオススメは、クロワッサンとマフィンを融合した「Cruffin(クロフィン)」。“コーヒーフラワー”を使ってハンドトスの生地を石窯で焼き上げるオリジナルのピッツァといったメニューも!

【No.4(ナンバーフォー)】
東京都千代田区4番町5-9
03-3234-4440
店内約25席 テラス約24席

【関連記事】カフェ?ベーカリー?レストラン?話題の「No.4」はどんな店?

「ダンデライオン・チョコレート」で“チョコ・チョコ・チョコ”!

Dande

最後は、Bean to Barチョコレートの店をご紹介。Bean to Barとは、チョコレートの作り手がカカオ豆の選別からチョコレートバーができるまで、すべての製造工程を一貫して行うクラフトチョコレートのこと。このトレンドの火付け役「ダンデライオン・チョコレート」が2016年2月に東京・蔵前に上陸した。

濃厚な「ドゥルセ・デ・レチェ・バー」(450円)や、焼きマシュマロ(スモア)をオリジナルでアレンジした「パプアニューギニア・スモア」などのスイーツや、濃厚だけれどピュアなカカオの風味の「ヨーロピアンホットチョコレート」(530円)、オリジナルにブレンドしたスパイスが効いた「ミッションホットチョコレート」(580円)などのチョコレートドリンクが豊富!

【ダンデライオン・チョコレート[ファクトリー&カフェ蔵前]】
東京都台東区蔵前4-14-6
03-5833-7270
10時~20時(L.O.19時30分)

【関連記事】話題のBean to Barチョコレート、いよいよ日本上陸です!