貼って日焼け止め!極薄0.007mmのUVカットテープ

20160624_airwall00

傷跡は、メラニンの色素沈着が要因のひとつ。外傷を負った肌は紫外線の影響を受けやすく、UVケアをきちんとしないと黒ずんで残ってしまう…。

ふさがった後の傷あとケアには「塗る」ではなく「貼る」UVケアを。このほど一般発売が開始された医療現場向けUVカットテープ「エアウォールUV」はどうでしょう?

医療現場で培われた驚きの独自技術!

続きを読む

関連するキーワード