発売されるの?屋根付き電動アシスト三輪車に乗ってみたい

20160625_yamaha00

目は引くけど、それだけと思われがちな側面もあるコンセプトカー。

だが、このたびヤマハから発表されたコンセプトモデルの2台は、単なる「夢の乗り物」とは違う、実現性や実用性を感じさせてくれる何かがある…!?

ヤマハ発動機は、デザインフィロソフィー 「Refined Dynamism(洗練された躍動感)」 に基づくデザインコンセプト「GEN」シリーズから、第5弾・第6弾となる「05GEN」「06GEN」を制作しました。

乗ってみたいと思わせる現実的なコンセプト

「05GEN」は、体を優しくくるむ「衣」をイメージした電動アシスト技術搭載の 3 輪モビリティ。開放感のあるルーフとコンパクトなボディにより、周りの人と触れ合える距離感を保ちつつ、ちょっとしたおでかけをサポートしてくれる手軽な乗り物。

カサをもったまま自転車に乗っちゃダメですよね。でも、この「05GEN」なら前から上へ向けてつくられたルーフが軽い雨や日差しから守ってくれます。優しいイメージのデザインも好評で、すぐにでも実用化&販売されてもおかしくない印象があります。

「06GEN」は、内でもなければ外でもない曖昧な空間「縁側」をイメージした電動4輪モビリティ。リビングルームを思わせるソファや床の素材感や、曲線的かつ柔らかいデザインが特徴的です。「縁側」に座っておしゃべりしたままゆっくり移動していくような感覚は、周囲の人々を温かく招き入れ、行き先へと運びます。

20160625_yamaha02

ゴルフ場やリゾート施設内などで、乗客が歓談しながら道をゆくシーンが目に浮かびます。これもまた、すぐ実用化&販売されても十分に活躍できる乗り物ではないでしょうか。

両モデルは、これまで多くのモビリティが目指してきた、速さや走行距離を求めた効率的な移動というテーマから、あえて一線を画した設計になっています。生活圏内や旅先での短い距離をゆっくりと移動する「人と人、人と場所の縁を結ぶ」モビリティとして、デザインされたものなのです。

コンセプトカーは、あくまでもその時だけに作られた「試作品」というイメージが強いですが、この2台は実際に使用されているシーンのイメージが付きやすいです。
実用面をよく考慮された、地に足の着いたコンセプトカーといえるでしょう。

「コンセプトカーなんて、面白いのはデザインだけでしょ、メーカーの実験機でしょ」。そんなユーザーの声は、もう時代遅れになるかもしれないですね。

「05GEN」の実物は、しまなみ海道の大三島にある今治市伊東豊雄建築ミュージアムで7月4日から展示されます。

05GEN 06GEN >> http://global.yamaha-motor.com/jp/profile/design/features/concepts/0506gen/

関連記事:【乗ってみた!】キミは「i-ROAD」ライダーになれるか?

(文/&GP編集部)

続きを読む

関連するキーワード