iPhoneもiPadもPCもまとめて操作できるキーボード

複数と接続というといかにも難しそうだが、操作はいたって簡単。一度各端末と接続してしまえば、あとはキーボード左上に配置された白いEasy-Switchボタンを押すだけ。これで操作する端末を切り替えられる。

20160629_logicool07

しかもうれしいことに、接続する端末のOSは自動で認識する。OSごとの独自キーやショートカットキーも使えるようになっている。

となると気になるのがキーボード配列だ。WindowとMacでそれぞれ独自のキーがあるわけだが、これが上手く工夫されている。

20160629_logicool02

最下段は左から [ctrl] [fn] [スタート/alt opt] [alt/cmd ⌘] [無変換/英数] [スペース]… となっている。Macの場合は左ふたつは使わず、Windowの場合はフルに使う形になる。このように、どのOSであろうが、キーが足りないということにならないのはありがたい

20160629_logicool03

スマホ操作時にうれしい [ホーム] [メニュー] [戻る] ボタンも用意されている。iOSの場合は [ホーム] のみ使用する

奥側には溝があり、端末を立て掛けられるようになっている。幅は380mmあるので、<iPad Air2 横向き>+<iPhone 6S>を並べて置ける

奥側には溝があり、端末を立て掛けられるようになっている。幅は380mmあるので、<iPad Air2 横向き>+<iPhone 6S>を並べて置ける

 

20160629_logicool06

実は意外と重く875gある。そもそも持ち運ぶタイプのキーボードではないので、むしろこの重さが安定感を生み、快適に使えるようになっている

20160629_logicool01

キーは独立タイプで、中心をくぼませたインカーブキーを採用。キーピッチも19mmあり、打ちやすくタッチ感も良好だ

とにかく、ボタンひとつ押すだけで、iPhoneやAndroidスマホにキーボードで入力できて、PCに戻るときもボタンをひとつ押すだけ。一度ハマるとやめられなくなるかもしれない。そんなキーボードだ。

ロジクール「K780」>> http://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/k780-multi-device-wireless-keyboard?crid=27

関連記事:滑らかなキータッチ!名作キーボード待望のワイヤレス

(文/&GP編集部)

トップページヘ