川崎重工×トミカがコラボ!最新型の“はたらくヘリ”がロボットに変形だ!

タカラトミーが発売するダイキャスト製ミニカーブランド、トミカ。誕生は1970年なので、半世紀以上の歴史を持つロングセラー商品です。そんなトミカから今年、新たに始まったのが、お仕事ロボ(ジョブロイド)と、その仕事に関係するクルマ(アーマートミカ)が合体してロボット(ブレイバー)になるというWEBアニメ・玩具シリーズ「トミカヒーローズ ジョブレイバー 特装合体ロボ」。

そんなジョブレイバーと川崎重工のヘリコプター「BK117 D-3」がコラボ! 変形ロボット玩具「ファイヤブレイバー 川崎重工 BK117 D-3 消防ヘリ」と「メディブレイバー川崎重工 BK117 D-3 ドクターヘリ」(各2640円)が9月10日より発売になります。

1982年に日本初の国産ヘリコプターとして発売(西独メッサーシュミット・ベルコウ・ブローム社との共同開発)された「BK117」の最新型である「BK117 D-3」。コンパクトな機体とフルフラットな広いフロアを持ち、消防や医療をはじめさまざまな分野で活躍している最新ヘリがロボットに変身するぞ!

【次ページ】パーツを組み合わせてオリジナルのジョブレイバーも作れます

この記事のタイトルとURLをコピーする