【マツダ アクセラ 新色】「金属を研いだように見える瞬間があるグレー」

20160723_mazda00

7月23日より2週にわたって週末に行われる、マツダの「Be a driver. Experience at Roppongi」開発者トークセッション。普段は接することのない開発者と直接話ができるチャンスとあって、応募者多数で前日には受付が終了してしまった。

2年前より行われているこの六本木でのイベント。今年のテーマは独自の塗装技術“匠塗 TAKUMINURI”。この技術を用いて作られた新色“マシーングレープレミアムメタリック”は、これまでにない不思議な魅力を持つクルマならではの色だということが分かった。

関連記事:【オトナの社会科見学】開発陣の理想をカタチに!マツダ ロードスター“工房”探訪

ソウルレッドとともに、これからのマツダを象徴するカラーに

続きを読む