高速道路での自動運転を実現!日産の新型セレナは買いか否か!?

ついに“自動運転”機能を搭載した日本車が公道を走り始めます。日産は新型「セレナ」に、ミニバンカテゴリーでは世界初となる“プロパイロット”機能を搭載してきました。

とはいえ日産のプロパイロットは、どんな道においてもドライバーが何もしなくていい、“完全”自動運転に対応しているわけではありませんからご注意を。

同社はすでに、1)2016年>>混雑した高速道路上の同一車線で安全な自動運転を可能にする技術の実用化。2)2018年>>危険回避や車線変更も自動で行う技術の実用化。3)2020年>>ドライバーの操作なしに交差点や十字路を横断できる自動運転技術の実用化、を宣言しています。今回のセレナでは、その中の第1段階をまずは実用化したというわけです。

日産 セレナ

<関連記事>
【検証・未来のクルマ】2020年までに自動運転を実現へ!日産が考える近未来のクルマとは?

 ■まずはファミリーカーで自動運転機能を実用化したことがエライ!

続きを読む