加湿器に感じる面倒をなくすと水に浮かべるタンクレスになりました!

27467_DyKvkVxOKw

これからの乾燥する季節に、加湿器は必須アイテム。でも、手入れを怠ると雑菌やほこりがたまりやすく、最悪、それらを部屋中に拡散してしまうことに! わかってはいても、加湿器の洗浄は正直、面倒だと感じている人も多いのでは。

そんな声を受けて生まれたのが、INBYTEの「MIRO CleanPot Luma Touch(ミロ クリーンポット ルーマタッチ)」。洗いやすさにとことんこだわった、“タンクのない加湿器”です。

27467_lEPrOmhxmM

■いちいちタンクをはずさなくても給水が可能


全体的に丸いフォルムの超音波式加湿器「MIRO CleanPot Luma Touch」は、下部がタンクの代わりとなるトレーになっています。ここに水を貯め、その水に加湿器本体を浮かべるつくりとなります。本体は下部より吸い上げた水をミストとして上部から拡散します。

27467_oJhCPgoPzh

丸いトレーをはじめ各パーツは、角を作らないように曲線で構成されたデザインで、まるごと洗える防水設計。できるだけ手軽に洗えるように内部のパーツ数を減らしており、それらすべてを分解して中性洗剤でざぶざぶ洗うことが可能です。通常は手が届きづらい振動子(ミストを発生させる部分)まで直接洗えるので、いつでも清潔!

27467_VyoxunUOVh

さらに給水の際も、いちいちタンクをはずす必要がなく、手持ちのやかんや水差しなどでトレーに水を注ぐだけでOKなのもラクチンです。

27467_NelTjMKDgb

また、ボール内の水を照らすLEDライトを搭載。グラデーションのように色を変化させることも、その中の好きな一色を固定することもでき、その日の気分や部屋の雰囲気に合わせたカラーを選べます。

27467_xdAuNMdTHn

アロマディフューザー用のアタッチメントも付属で、同時に香りを楽しむことも可能。トレイを乗せる台座部分がタッチコントローラとなっており、各操作も簡単です。

27467_ougnpOGLGt

あわせて、LED照明機能やタッチ式のコントローラをなくした、安価なモデル「MIRO CleanPot Aroma+」も同時発売。販売予定価格は、「MIRO CleanPot Luma Touch」が1万9440円「MIRO CleanPot Aroma+」が1万5120円になります。

「MIRO CleanPot Luma Touch」>> http://inbyte.jp/cp03lt.php


[関連記事]
加湿器も持ち歩く時代!USBにつないでオフィスで手軽に乾燥対策

アロマと適度な湿気でリラックス!PCの横に置いておきたい小さな加湿器

カワイイのに機能的!“水飲み動物”が電気を使わずお部屋を加湿!


(文/&GP編集部)

関連するキーワード