カレーやハンバーグも!3Dペンでリアルな食品サンプルが作れます

“3D”といえばCGやVRなどモニターの向こう側で作られる仮想の立体物であったり、普及が急速に進んでいる3Dプリンターなどがメジャーですが…ここでちょっと待った! 日本には昭和の時代に生み出された3D造形物があります。そう、“食品サンプル”です。その再現度の高さから、最近では外国人観光客のお土産としても人気が高くなっています。

【次ページ】光を当てるとインクが固まる