カンガルー革を纏ったパンサー“黒豹”のニューモデル

1964年、1度目の東京五輪が開催された年に「パンサー」は誕生した。日本でのスポーツ競技人口の増加を見据え、トレーニングシューズを開発。パンサー(黒豹)をイメージした俊敏さを感じるフォルムとデザイン、そして機能性の高さから、1970年代には一世を風靡。多くのアスリートに愛用されただけでなく、全国の学校指定靴としても採用され、まさにトレーニングシューズの代名詞といった存在だった。

2000年代に入り、一時ブランドを休止していたが、2016年に復活。生産拠点を福島に置き、熟練した職人による、裁断、縫製、成型といった60にも及ぶ工程を経て、一足一足が丁寧に作り上げられている。

続きを読む

関連するキーワード