ブルーライトだけじゃない!下向き目線もサポートするスマホ専用レンズ

長時間スマホとにらめっこしていると、目がすごく疲れませんか? その原因のひとつといわれているのが「ブルーライト」です。モニターやスマホの画面、LEDなどから発せられる青色光のことで、これを浴びすぎると目(眼球)に直接的なダメージを受けるだけでなく、体内リズムの乱れを引き起こすため睡眠にも悪影響を及ぼすのだとか。また、15~24歳の女性メガネユーザーの4割が、長時間スマホを見るとピントが合いにくくなるなどの「スマホ老眼」を感じているという調査結果(メガネDB2016 消費者1万人アンケート調査より)もあるそうです。

そんな中、ニコン・エシロールが4月1日より販売を開始したのが「ニコン シフトオン」。実はこれ、ふたつの特長を備えたスマホ専用のメガネレンズなんです。

 

【次ページ】ピント調節筋がポイント