いつでも花見気分に浸れる桜型の酒器は飾るだけでも絵になる!

今年は花見に行きましたか? まだこれからという人も、気分だけでも花見を味わいたいという人にオススメの酒器が登場しました。上から見ると桜の花びら! こんなオシャレな酒器なら雅な気分に浸れそうです。

桜の花びらを象った印象的な酒器はその名も「YOISAKURA」(片口・木地タイプで3万2400円~)。セメントプロデュースデザインが手掛ける「コトモノミチ at TOKYO」が、京都の「岡田長仏具工芸」と協業で作り上げた一品です。この見事な品を手掛けるのは、京仏具の伝統工芸士として活躍している職人。一点ものをつくる仏壇仏具の技術を用いて作り上げています。

【次ページ】その伝統の製法とは?

関連するキーワード