皮下脂肪があってもラクして腹筋を鍛えられるか試してみた!

最近、友人などから「お前、ちょっと腹ヤバくない?」なんて言われたことありませんか? 僕はあります。この前も職場の打ち上げでビアガーデンに行って楽しくビールを飲んでたら、横にいた同僚が急に「……それぐらいにしといた方がいいんじゃない?」って言い出しまして。そんなに酔っ払ってるつもりもなかったので「ん?」と思ってると、「最近、腹出てるぞ」と。

いや、自分でも分かってはいたんです。このところ、お腹周りだけ妙にポッコリしてきたなーと。若い頃はけっこう運動してたんで、自分で言うのも何ですが「いいカラダ」がちょっと自慢だったりもしたんですが、最近は忙しくてジムに行くヒマもなかなかなく……。でも、そのビアガーデンの時をきっかけに、「ちょっと本気で考えないとな」と、いろいろと調べてみました。できるだけ時間を有効活用して、このお腹……だけじゃなく、たるんできてる全身をどうにかできる手段はないものかと。そこで出会ったのが、「エクリア リーン」でした。

■忙しい日常でも筋トレできる手軽さが魅力!

お腹などに貼ったり巻いたりして使うトレーニング機器は最近よく見かけますが、デザインからして「ゴツい」感じのが多いんですよね。器具自体もわりとガッチリしてて、家でしか使えないかなあと。でもこの「エクリア リーン」はデザインもちょっとオシャレだし、パッドは薄くて本体もコンパクト。さっそく試してみました。

まずはオフィス。いつものようにスーツを着て、普通にPC作業をしているように見えますが、実はお腹にはエクリア リーンのコアパッドが装着されています。ベルトなども使わず、パッドがゲルで固定されているだけで、つけた時は「剥がれたりしないのかな?」と思いましたが、そのまま動いても何の心配もありませんでした。むしろ剥がす時には「こんなにしっかり貼り付いてたのか!」と思ったほど。あ、剥がす時に痛みは全くありませんでしたよ。

エクリア リーンがこういうシーンでの使用に適しているのは、本体部分が小さくてコードレスだから。付属のUSBケーブルで充電して使える(フル充電で90分以上使用可能!)し、操作も本体内のボタンを押すだけなので、本当に誰にも気付かれないまま「筋トレ」ができてしまうのです。しかも強度は15段階。この小さなボディと薄いパッドからは想像もつかない刺激が来るので、「やってる感」はかなりなもの。みんなが働いてるオフィスで「俺、今筋トレもしちゃってるもんね」という謎の優越感に浸ったりして。

▲「筋トレ」というと、バーベルなどを持ち上げてマッチョバディになることをイメージしがちだが、エクリア リーンが目的とするのはカラダの引き締め。そのため、「遅筋」にアプローチする仕組みになっている。筋肉は速筋(白筋)と遅筋(赤筋)で構成されていて、筋肥大に作用するのが速筋、脂肪を燃焼して引き締まったカラダを作るのが遅筋。エクリア リーンには筋肉の張力検証に基づいて、遅筋にアプローチするプログラムが組み込まれており、カラダを引き締めてくれる

時間の有効活用と言えば、重要なのが通勤時間。行き帰りにスマホでニュースサイトをチェックしたりするだけじゃなく、筋トレまでできたら最高じゃないですか。というわけで、今度はたるんできた二の腕にエクリア リーンを装着! フルセットには本体が2つ、そして小型のツインパッド2枚が含まれているので、両腕に一度につけることができます。

電車に乗り込み、さっそくONしてみると……ツインパッドの小ささとは裏腹に、こちらもかなりの刺激!(本体は同じですからね) いきなり強くすると「おっ!」なんて声が出ちゃいかねませんので注意。服の上からは全く分からないほどコンパクトなのに、これはホントにすごい! これで往復の通勤や外回りの時間も筋トレタイムに早変わりです。

▲バッグにも楽に入るサイズ感で、どこへでも持っていける

 

■オフのときでも努力せずにトレーニングが続けられる

長く感じた一週間の仕事を終えて、やっと週末! 今週は特に忙しかったんで、この土日は外出の予定も入れず、家で過ごすことに決めています。午前中は布団の中でゴロゴロして、あー至福。

「エクリア リーン」があれば、こんな時間にさらに筋トレ効果まで加えられてしまうのだから、言うことなし! 通勤時はちょっと貼りづらい太腿やふくらはぎにツインパッドを貼れば、布団にくるまって読書していても筋トレタイム。時間ごとに貼る位置を変えて、しかも部位ごとに周波数を変えられる「部位モード」もついているので、ゴロゴロしてるだけのはずなのに効率的に筋トレができてしまうのです。

エクリアクリーンの特徴のひとつとして、「皮下脂肪が多くても筋肉に届く」ということがあるという。通常、脂肪は電気を通しにくいが、最大5000ヘルツまでの出力が可能なために、皮下脂肪が厚くても筋肉まで刺激を届けやすい。

ただ、どの筋肉でも周波数が高ければよいというものではない。ふくらはぎや腕、背中など皮下脂肪の薄い部位では、2000~3000ヘルツ程度の刺激の方が5000ヘルツの時より効果が得られる。そこでエクリア リーンは4つの「部位モード」を搭載。体型と部位によって最適な周波数をワンタッチで選択できる。

またセットに付属しているパッドは、腹直筋や大臀筋など大きな筋肉用の「コアパッド」、腹斜筋や上腕三頭筋など小さな筋肉用の「ツインパッド」に分かれているので、部位ごとの使い分けが可能だ。なお、胸など心臓に近い部分と首から上には使用できないので注意。

そして休日の午後はまったりビデオタイム。ソファでリラックスしながら、平日の間に録り貯めておいた映画やドラマを見るのが楽しみで楽しみで。でもエクリアリーンと出会ってからは、この時間にも筋トレができるようになりました! 付属の「エクササイズブック」には8つのポーズでのストレッチが紹介されているので、エクリアリーンを貼り付けて刺激を楽しみながらストレッチしつつ、ビデオ鑑賞も楽しんで。何だかエクリアリーンと出会って、毎日が充実しすぎている気がします。

▲上腕三頭筋にペタ!

▲ふくらはぎにも!ここは「下腿三頭筋」部分です

気になる引き締め効果ですが、数週間の使用で、確かに変わってきた気がします。あれだけ気になっていたお腹も、スッキリしてきたかも!? こうなるといろいろと意識も高くなってくるもので、食事や日常の過ごし方にも気をつけ始めたりして。エクリア リーンのおかげで、僕の日常はかなり変わったのでした!

>> エレコム「エクリア リーン」

 

(文/&GP編集部、写真/下城英悟、PIXTA)