パナソニックの「衣類スチーマー」が社会人に必要な5つの理由

社会人3年目の根津くんは、新たな転職先で不安がいっぱい。ジャケット、スーツ、カバン、革靴など一通りの身のまわりのモノは揃えたけど、先日も会社で先輩の高見澤氏に「身だしなみがなってない!」と注意された。そこでモノに詳しい&GP副編集長の三宅がアドバイスを始めます。

■“面倒”だらけの若者に「衣類スチーマー」のすごさをレクチャー

高見澤オマエさあ、もうちょっと気をつけた方がいいよ。スーツやシャツはしわくちゃだし、パッと見の清潔感が今イチなんだよな。それじゃ、営業先でも印象がマイナスだよ。アイロン掛けをして、身だしなみくらいちゃんとしなきゃ。

根津正直、アイロンをかけるのは面倒なんですよね。アイロン台を出さないといけないし、そもそも朝はあんまり時間もないし……。

高見澤おい、面倒ってなんだよ!

三宅だったらパナソニックの「衣類スチーマー NI-FS540」がオススメだよ。

 

■理由その1「立ち上がりが早い! 時短にピッタリ!」

三宅パナソニックの衣類スチーマーは、スイッチを入れると約24秒で使用可能な状態になるんだ。スーツやシャツをハンガーにかけたままで使えるから、アイロン台もいらないしね。ちょっと使ってみる?

根津(実際にシャツに衣類スチーマーを当ててみる)すごい! 思った以上にみるみるシワが取れますね!

三宅シャツの裾を少し引っ張って、上から下に、ゆっくり当てていくのがコツかな。

高見澤けっこうスチームが広がりますね。

▲使い方は簡単。水を入れて指でボタンを押すだけ

▲スチームが吹き出す

三宅広範囲にスチームが出る設計だから、シワ取りにかかる時間も短くて済むんだ。俺はシャツ1枚につき1分程度かな。先端が尖った形になっているから、細かいボタン周りもそのまま使えるしね。

根津これなら忙しい朝でも大丈夫ですね!

三宅アイロン面はフラットだから、アイロン台を使ってアイロンとして使用することも可能なんだ。休みの日など余裕のある時には、しっかりアイロンがけするのもいいね。

 

■理由その2「ニオイ対策もバッチリ!」

高見澤飲み会で洋服についたタバコのニオイなんかはどうしてるの?

根津最初はクリーニングに出したりしてたんですけど、それもだんだん面倒になっちゃって……。

高見澤“面倒”ばっかりだな(笑)。まあ、気持ちはわかるけど。

三宅パナソニックの「衣類スチーマー」はニオイ対策にも強いんだよ。たっぷりのスチームがニオイの粒子を飛ばすから、タバコや焼肉で染みついたニオイはもちろん、汗のニオイや加齢臭もケアできるんだ。

根津シワを取りながら、ニオイもスッキリできるんですね!

三宅特に気になる時は、新機能の「3倍パワフルスチーム」が便利だよ。簡単操作で瞬間的に3倍のスチームが約3秒間出るんだ。

▲ランプが2つ点灯中にスチームボタンを連続2回押すと「3倍パワフルスチーム」が発生

根津おお! ブシューって出ましたよ!

三宅ニオイケアにはもってこいの新機能だよな。

高見澤衣替えの時は、収納シワや防虫剤のニオイも気になりますよね。

三宅それこそ「衣類スチーマー」の得意なところだよ。シワもニオイも一度に取れるから、衣替えの切り替えもスムーズなんだ。

 

■理由その3「使えるのは衣類だけじゃない!」

高見澤ニオイといえばさあ、オマエの部屋、何かちょっとニオわないか?

根津気になりますか? 昨晩は友達が来ていて、ホットプレートで肉を焼いて食べてたからですかね。そういえば、カーテンにもニオイが染み込んでるかも。

三宅そういう時にもパナソニックの「衣類スチーマー」だよ。これは裏技なんだけど、カーテンから少し離れてスチームを当てれば、ニオイをケアすることができる。その他にも、バッグやスニーカー、キャップなんかにも使えるんだ。

高見澤バッグとかスニーカーって、なかなか洗わないですからね。

根津(キャップに当てながら)どんな形のものでも、型崩れの心配なく手入れできますね!

▲帽子などのニオイケアにバッチリ(手がアイロンに近い場合はやけどに注意してください)

▲カーテンにも使える衣類スチーマー

▲春もののニット、シャツ、スプリングコートも全部OK

三宅綿製品ならほとんど全てOKだよ。マフラーやセーターなど、ウールやニットの製品も、アイロン面を直接当てなければ大丈夫。

 

■理由その4「軽くてコンパクト! 出張にも便利!」

高見澤あ! 俺、明日から出張だった! 1週間あるから、着替えとかどうしようかな。

根津出張の荷物って軽くしたいけど、パソコンとかもあって、なかなかそうはいかないですよね。

三宅パナソニックの「衣類スチーマー」はコンパクトだし、約700グラムと軽いから、出張の荷物に入れても邪魔にならないよ。

高見澤ホントですね! この重さならスーツケースじゃなくても問題ないですね。でも、朝ホテルで使った後、スイッチを切り忘れたら……。

三宅大丈夫。約1時間使用しないと、自動的に電源がOFFになるから。

根津そんな賢い機能まであるんですか!

 

■理由その5「スーツ、シャツにはこんな裏技も!」

高見澤パナソニックの「衣類スチーマー」があれば、根津君の身だしなみ問題も解決しそうだね。

三宅どうせなら、スタイリストがやっている技を使って、もっと高級感を演出してみるといいよ。

根津どんな技ですか?

三宅スーツって、本来は襟元がフワッと丸くなっているものなんだよ。だから襟を立てて、ミトンを当て裏側からスチームを当てると襟元を丸くさせることができて、見映えもよくなるんだ。

▲<Before>スーツの襟を立て、ミトンを当てながらスチームで裏側からそっとなぞる

▲<After>右側の立体感が一目瞭然に

根津ホントだ! 2着●●円で買ったとは思えない!

高見澤もうちょっといいの買えよ(笑)

三宅それから、衣替えで久々に引っ張り出したスーツやシャツは、袖が潰れてるよね。袖口の折り目を消すようにスチームを当てて、袖口の丸みを出すと、パリッとした感じになるよ。

根津おお~! シャツの袖とスーツの襟を手入れするだけで、見た目が全然違いますね! これで営業成績も一気にアップする気がします!

 

>> パナソニック「衣類スチーマー NI-FS540」

(取材・文/高崎計三 写真/田口陽介)