腕時計も「ブルー」にしたらオシャレに迷わなくなった話

新進気鋭の国産時計ブランド、カル・レイモンが手がける「クラシックパイオニア」は、優美なデザインと高級時計に搭載されるムーンフェイズ機構を備えながら、手に取りやすい価格帯で話題を呼んでいる。

クラウドファンディングサイトでは歴代最高記録を更新し、ラインナップも拡充したことでセレクトの幅も広がっている。

中でも青文字盤デザインは、洒脱な大人から高い支持を得ている人気モデル。そんなクラシックパイオニア「Blue」を装着した“ある男”の生活を追っていこう。

■洗練された「ブルー」が仕事のバイオリズムを高める

最近、深いブルーの色味に惹かれて、クラシックパイオニア「Blue」を購入。そんな腕時計のカラーに合わせて、思い切ってスーツも一緒に新調してみた。着こなし全体に統一感が生まれて、スーツ姿が洗練された気分(笑)。自然と背筋が伸びて、なんだか自信を持って仕事に臨めそう。

青やネイビーを纏うと心が落ち着くし、見た目は爽やかなイメージになる。こう思っているのは自分だけではないようで、会社の同僚から「イメチェンした?」なんて言われることも。ビジネススタイルをブルーで統一したことで、周囲からの印象はもちろん自分自身の内面にも変化が現れている。自信が湧いてくるから仕事も順調なんだ。

■「ブルー」には集中力を高める効果がある

腕時計とスーツをブルーに変えてからというもの、自分でも驚くほど仕事が捗るんだ。ちょっと不思議に思って調べてみたところ、どうやら青には集中力を高める効果があるらしい。

青には空や海、水といった自然のイメージがあるためリラックス効果が大きいのだそう。気持ちが落ち着くから、そのぶん集中力も高まり、仕事が捗るというわけだ。興奮を押さえる効果もあるから、前よりイライラしなくなったことで仕事に集中できるし、周りとの関係も良好に。円滑なコミュニケーションがとれるから、チームで動いているプロジェクトも順調なのかもしれない!?

■「ブルー」のファッションは知的で誠実なイメージ

仕事は順調、周囲からも好印象で、どんどん青色が好きになってきた。そこで、もっと青をファッションに取り入れたいと思い、アパレル業界で働く友人に青色コーデのコツを聞いてみた。

友人によると、青を取り入れたファッションには、知的で誠実なイメージがあるらしい。定番や名品と呼ばれるアイテムにも多く使われている色で、世界で一番と言っていいほど愛されている人気カラーなんだとか。

コーディネートのポイントとしては、同じく爽やかな印象を持つ白との相性が抜群なので、青スーツに白シャツでOKとのこと。ネクタイは青で爽やかにしてもいいし、差し色として赤茶で引き締めるのもアリなんだそう。カジュアルなら白シャツ+デニムや、青シャツ+白パンツが鉄板。また、青色は濃淡の幅が広いので、同系色コーデもオシャレでおすすめだと教えてくれた。

さらに、青色は見ているだけで体温を下げる効果もあるから、身の回りの物を青にすることで暑さを軽減できるんだとか。青色コーデは夏にぴったりだね。これからはもう、ブルーを軸にファッションを考えればいい。マイカラーは青に決めた!

■時計の持つクラシカルな雰囲気が自信に繋がる

カルレイモンは「クラシックへの回帰」を掲げるブランド。時計ケースとベゼルを別に作製して組み立てるクラシックなスタイルで、素材には敏感肌に優しいステンレススチール316Lを採用。文字盤にはブランドのこだわりでもあるムーンフェイズ、そして月・日・曜日を表示するトリプルカレンダーを美しい黄金バランスで配置している。一目で分かる高い実用性に加え、この価格帯ではありえない品格が漂う。

このクラシカルな雰囲気がスーツスタイルを格上げしてくれるから、今までは尻込みしていた高級レストランや老舗の喫茶店なんかにも入る自信がついた。仕事がうまくいっているのも、青色コーデが好きになったのも、すべてこの腕時計のおかげだね!

*  *  *

カル・レイモンのクラシックパイオニア「Blue」をきっかけに、ファッションは青色を軸に考えるようになった。ブルーは爽やかなで知的なイメージを与えるから、周囲の反応も上々。そして自分自信の仕事も絶好調。

マイカラーを決めることで、もうファッションに迷わなくなった。苦手な服選びなどの時間が減って、仕事に趣味に時間を使えるようになったから毎日が充実している。いい買い物をしたと、自分を褒めてあげたいね。

▲「CLASSIC PIONEER」/全6カラー

>> カル・レイモン

 

(取材・文/津田昌宏 写真/下城英悟 スタイリスト/宇田川雄一)

(衣装協力/スーツのカット)

ザ ・スーツカンパニーのスーツ/4万1040円、シャツ/8424円、ネクタイ/5184円、ポケットチーフ/3024円(問:ザ ・スーツカンパニー 銀座本店 ☎︎03-3562-7637)

(衣装協力/アイテムの集合カット)

インディビジュアライズド シャツのシャツ/2万5920円、グッドウェアのTシャツ/5940円、アイランドスリッパのサンダル/1万8360円(問:セプティズ ☎︎03-5481-8651)、レイバンのサングラス/1万9440円(問:ルックスオティカジャパン カスタマーサービス ☎︎03-3514-2950)、マーモットのフリースベスト/1万3824円(問:デサントジャパンお客様相談室 ☎︎0120-46-0310)、リーのデニムパンツ/1万4040円(問:リー・ジャパン カスタマーサービス ☎︎03-5604-8948)、パーカーの万年筆/8640円、ウォーターマンのボールペン/8640円(問:ニューウェル・ラバーメイド・ジャパン株式会社 ☎︎03-5259-6414)、WE SUITS YOUのジャケット/2万520円(問:ザ ・スーツカンパニー 銀座本店 ☎︎03-3562-7637)、ラルコバレーノの長財布/5万1840円、ミニウォレット/2万3760円(問:エンメ ☎︎03-6427-2261)