ハンガーにかけたまま、シワもにおいも即効ケア!新生活の便利アイテム・パナソニック「衣類スチーマー」を使ってみた!

1300

東京の桜も見頃を迎え、春の暖かい陽射しを浴びながら人々が行き交う3月25日~27日にかけて、渋谷ヒカリエ1Fのエントランス前広場で、パナソニック「衣類スチーマー NI-FS470」体験イベントが開催された。

衣類をハンガーに掛けたまま、手軽に手早くシワを取れる便利アイテムを試した来場者は、誰もがその便利さに深く納得の様子。一般的なアイロンとは何が違うのか、さっそく体験してみた。

アイロンがけは面倒! 「衣類スチーマー」ならあっという間

1272

イベント会場では、シワがたっぷり付いたシャツやブラウス、スーツやジャケット、ネクタイなどが大挙してお出迎え。来場者に衣類スチーマーを使ってもらい、本当にシワがなくなるかどうかをその目で確認してもらおうという、一目瞭然のイベントは予想以上の盛況ぶり。

クッキリたっぷり付いてしまったシワが、衣類スチーマーを当ててゆっくり動かすだけでみるみる取れていくのだから、まるで魔法にでもかけられたような面持ちになってしまうのもうなずける。

衣類のシワ取りアイテムと言えば、パッと思い浮かぶのがアイロンだ。しかし、アイロンがけはなかなか手間がかかるもの。アイロン台を用意し、衣類を整え、スイッチを入れて何分も待たなくてはならない。慌ただしい出勤前にクローゼットから引っ張り出した衣類のシワを取るには面倒くさすぎる。

しかし衣類スチーマーなら、スイッチを入れてわずか30秒で作業スタート。ハンガーに掛けた衣類のスソやソデ口を片手で持って軽く引っ張り、スチームが噴き出すアイロン部を軽く当てながら衣類の表面をゆっくり撫でるだけで、あれよあれよという間にシワ取りが完了する。ワイシャツやブラウスのシワなどはお茶の子さいさい。シャツやジャケットはもちろん、なんとネクタイのシワまでもがきれいさっぱり取れていく。これには本当に驚いた。

1323131413001334

 

軽くてコンパクト、ハンドルは握りやすいから疲れないことも、使って実感できる感激ポイント。一般的なアイロンでは、この軽快な使い心地は実現不可能だろう。ハンドル内側に設けられたスチームボタンを人差し指で押すだけでスチーム量が調整できるなど、自然な手の動きに合わせた設計は、さすがパナソニック。

左手でも右手でも、アイロン面を360°どの角度に向けてもスチームを噴射できることも、使い勝手アップに大きく貢献している。スチームは約4分間連続噴射できるから、ビジネスウエア一式をパリッと仕上げて出勤可能だ。

1274

汗やたばこ臭、食事のにおいもスッキリ脱臭

シワを手軽に取れるだけが、衣類スチーマーの魅力じゃない。これからの季節に気になる汗、居酒屋に漂うたばこ臭、打ち合わせで食べた焼肉など、気になるにおいをサッとスチーム脱臭できるところも見逃せない。

スメルハラスメントなる言葉が叫ばれている昨今、クサイ男はモテないばかりか仕事の評価にも悪影響を及ぼしかねない。かといって、スーツやジャケットはそう頻繁にクリーニングに出せるわけじゃない。夜遅く帰宅しても手軽ににおいケアができる衣類スチーマーがあれば、1日の疲れならぬ1日のにおいを翌日に引きずらないで済む。

気になるにおいの脱臭効果は、なんと約90% (※1)。衣類に鼻を近付けてくんくん嗅いでも大丈夫なほど脱臭できる理由は、毎分平均約11gも噴き出すパワフルスチームにある。ハンガーに掛けたまま衣類スチーマーを当てると、においが滲み付いた生地をスチームが貫通、においの原因となる物質を除去してくれるわけだ。

イベント会場に用意されていたしわくちゃ衣類は、残念ながら洗濯後のサンプルばかりで、その実力を100%体感できなかったものの、柔軟剤の香りがほんのわずかに残るだけのスッキリ感覚は何とも心地よし。

1360

夏物のスーツやお気に入りのウエアを久しぶりに出したら、防虫剤のにおいがぷ~ん、なんていう衣替えシーズンにありがちな場面も、ササッとケアすればOK。繰り返しスチームを当てても衣類を傷めにくく、型崩れのないパリッとしたスタイルを長い間楽しめるのも魅力だ。

花粉症の季節にも大活躍

さらにこの衣類スチーマー、においだけでなく花粉( ※2)やダニ( ※3)などのアレル物質対策にも効果を発揮する。帰宅して衣類をハンガーに掛ける際に、アイロン面を生地に密着させて使用すれば、アレル物質を撒き散らす危険は大幅ダウン。新しい生活の住環境向上や花粉症の辛さ軽減にもひと役買ってくれる。

 

12851281

 

カラーはブラックとピンクゴールド調の2種類で、新生活空間に馴染むおしゃれなデザインも魅力的だ。新生活のスタート時期は慌しい日々が続き、自分が着る洋服にまで気が回らないかもしれない。そんな時は衣類スチーマーで手軽に衣類ケアをしてみてはどうだろうか。爽やかでデキる男を演出するなら、帰宅後のお手軽衣類スチーマーケアはもはや常識と言えそうだ。

パナソニック「衣類スチーマー NI-FS470」 オープン価格 4月上旬発売予定
http://panasonic.jp/iron/steamer/

 

(文/&GP編集部)

 

※1 脱臭効果について(パナソニック調べ)【試験方法】ニオイをつけたウールの生地に約10秒間スチームをあて、脱臭効果を6段階臭気強度法にて評価。付着させたニオイは以下のとおり。タバコ臭:約30 Lの試験容器内で約16分間付着。飲食臭(魚、肉を焼いたニオイ):約90 Lの試験容器内で、約10分間付着。汗のニオイ:汗臭商品(ヘキサン酸+マカデミアナッツオイル)を注射器で0.05 mL滴下。防虫剤臭:約10 Lの試験容器内に防虫剤(ナフタリン系、ピレスロイド系・しょうのう)と布を入れ12日間放置。【試験対象】衣類に付着したタバコ臭・調理臭・汗のニオイ・防虫剤臭【試験結果】タバコ臭:臭気強度1.2以上低下。飲食臭:臭気強度1.0以上低下。汗のニオイ:臭気強度1.6以上低下。防虫剤臭:臭気強度1.1以上低下。 ●臭気強度が1下がるとは、90%の低減を意味します。脱臭効果は、スチームをあてる時間、臭気・繊維の種類によって異なります。脱臭効果の感じ方には個人差があります。
※2 花粉アレル物質試験内容 ●試験依頼先:パナソニック(株)解析センター ●試験報告書番号:4AA33-150918-F02 ●試験報告書発行日:2015年10月13日 ●試験方法:高温アイロン面を押しあてた花粉(Cryj1)抽出液付着布の抑制試験 ●試験結果:1秒間の処理で99.0%以上の抑制率、3秒間の処理で99.9%以上の抑制率
※3 ダニ由来アレル物質試験内容 ●試験依頼先:パナソニック(株)解析センター ●試験報告書番号:4AA33-150918-F02 ●試験報告書発行日:2015年10月13日 ●試験方法:高温アイロン面を押しあてたダニ(Derf1)抽出液付着布の抑制試験 ●試験結果:1秒間の処理で95%以上の抑制率、3秒間の処理で98%以上の抑制率

 

関連するキーワード