ドローン最前線!誰でもプロ並みの飛行と撮影が楽しめる「DJI SPARK」の実力

誰もが気軽に飛ばせるドローンを目指して進化させ続けているDJIから、新たに「DJI SPARK」が発表された。同社の歴代モデルの中では最小で最軽量。だが、その小さな機体には、気軽に飛ばせて、しかもプロのような空撮を可能にする機能が凝縮されている。そんなDJI SPARKの実力を見ていこう。

▲焦点距離25mm/F2.6のレンズで、1200万画素の静止画、1080p/30fpsの動画が撮影できるドローン。2軸のジンバルで、ブレを最小限まで抑制。GPS/GLONASSほか多彩なセンサーで、高い飛行安定性を備える。最大50km/h、飛行時間は約16分。本体サイズ143×143×55mm/重量300g

続きを読む

関連するキーワード