Apple Watchで「スイミング」したいならココに行け!「東急スポーツオアシス」に色々聞いてみた

LTE通信に対応した「Apple Watch Series 3」が登場し、いよいよスマートウォッチデビューを検討している人もいるでしょう。同機で利用できる「ワークアウト」アプリでは、ウォーキングやランニングだけでなく、水泳時のタイムやカロリーも測定可能。せっかく買うならぜひ試したいですよね。

しかし、日本の多くのプールでは腕時計を付けたまま入ることはできません。Apple Watchをはじめとするウェアラブルデバイスも例外ではなく、どうしたら使えるのか…と悩む人も密かにいたはず。

そんな中、首都圏や近畿地方を中心に展開する会員制総合フィットネスクラブの「東急スポーツオアシス」がApple Watchを付けて泳げるプールとして名乗りを上げました。果たして、どんな条件で使用できるのか気になるところ。そこで同社に直接取材を行ってきました。

【次ページ】そもそも腕時計を付けてプールで泳げないのは何故か?